HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトファンダメンタル分析  »  気になるニュース 欧州編
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

ぽちっとお願いします。

こんにちわ、カリムです。

今日は、気になる記事を見つけたので

皆さんにシェアしたいと思います。

以下引用


日本の大手債券投資家らは、ユーロ圏が日本のような「失われた10年」を経験するリスクが高まったとみている。低インフレの中で欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が量的緩和(QE)を検討している状況が、1990年代の日本を彷彿(ほうふつ)させるからだ。
大和住銀投信投資顧問やDIAMなど少なくとも4社(合計運用資産約2500億ドル=約26兆2200億円)は、ドイツなどユーロ圏諸国の国債利回りがさらに低下すると見込む。ユーロ圏へのデフレの脅威が債券相場の上昇につながっている。
大和住銀投信投資顧問の国部真二外国債券運用部長は、欧州はデフレ圧力と低成長に直面しQE導入を考えていると指摘、その点から欧州債の利回りは「日本化」するとの見方を示した。
ドイツ10年債利回り は先週、過去最低の0.866%を付けた。QEが始まれば日本並みの0.5%付近も視野に入ってくると、国部氏はみている。
ユーロ圏のインフレ率 は8月に0.3%まで低下。2011、12年に債務危機の深刻化に見舞われた欧州は既に、「失われた10年」に半分踏み込んでいる。
7月からドイツ債を選好しているというDIAMは、欧州の経済状況は悪化しているとの見方を示す。岡三アセットマネジメントの山田聡債券運用部長は、欧州経済は十分に弱いのでECBが年内には日本銀行型のQEに踏み込むとみている。欧州は「日本が通ってきた道と少し似ている部分がある」と同氏は今月1日のインタビューで述べた。


如何ですか?

失われた10年は日本が経験した

事ですが、ドル円でも2002年~2012年

を見ても134円~76円まで

下落になりそこから巻き返して

今の円安水準になっていますね。

日本と同じような事にならないよう

願いたいものです。

そして、トレーダーはドル円

ユーロドル、ポンドドルなどの

通貨ペアから目が離せない状況になって

きてますね。 肝に銘じて

しっかりチャート分析しましょう。


明日のブログは所用でお休みします。 

ではまた.....





人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
フリーエリア
    自分のエッジを作るツールです 2001年から検証して常勝トレーダーになろう! http://www.forextester.com/idevaffiliate/idevaffiliate.php?id=821
おススメの本

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。